Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

PREPの型に従う

この記事を読んでハッとした。 ぜんぜん出来てない。

PREPとは、結論から話す方法論のことで、次の用語の頭文字を並べたものです。 Point=結論 Reason=理由づけ Example=具体例 Point=結論の繰り返しで締める これは、意識していないと忘れがちになるのですが、報告書、日常のメール、話すとき、答えるとき、会議の運営もすべて結論から。頭ではわかっているのですが、意識できていないことも多く、改めて気付かされました。本書によると、「その場を取り繕うために、とりあえず、何か言う」というのは最悪で、ちゃんと頭を整理してから発言すべきとのことでした。

http://odyssea.com/blog/?p=362