Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

ただのメモです。

ぼんやりと頭に浮かんだことをメモします。

詳細仕様書後から見てメンテナンスに使えるレベルに テーブル名などは日本語名を使うようにする

実際のコードのフローなどは仕様書には書かない 仕様書にはどんな機能を持っているかだけを書く(コーディング方法まで指定しない)

エラーの内容はユーザーが自ら修正を行えるようわかりやすいものを

「ウォークスルー」と「インスペクション」

プログラミングに入ることを急がない