Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

そろそろ子供が欲しいなと思った人が必ず考える保険について

保険は種類も情報(本とかWEBとか)も多すぎて、自分ではどれがいいのか選べない。 でもがんばってしらべて聞いて入るべき保険をある程度絞ったので、メモとして記載しておく。

基本的な考え方

保険は家計を支えている人が亡くなっても、残った人が無理なく生活していけるようにするためのもの。

死亡保険

だから専業主婦の人は死亡保険には入る必要はないし、共働きなら夫妻どちらも死亡保険は必要ない。ただ子供がいる場合や奥さんが専業主婦の場合は、死亡保険に入っておく必要がある。

どれぐらいの金額入っておけばいいかは、生活レベルにもよるけれど、だいたい月10万〜14万ぐらいでいい。遺族年金と保険を合わせれば十分生活していける。これを死亡保険でまかなう場合は、3000万〜5000万ぐらいの保険に入っておけばいい。最近は収入保障保険というものもある。これは一括でお金をもらうのではなく、毎月保険金を支払ってもらえるタイプ。死亡時期によって保険会社の払う金額が減っていくので、保険料も安く抑えることができる。保険料は安く抑えたいので、収入保障保険に入ることに決めた。保険相談に行っても必ずこれを勧められる。

医療保険

は入らない事にする。毎月3,000円、年36,000円、30年で960,000円。若いうちは入院しても1、2回だろうし、高額療養費制度もあるから30年で96万以内におさまるという想定。おじいちゃんになってからの保険は、もう少し後に検討する。今はまだいい。その代わり入院費用を払えるだけの貯金は必ずしておくこと。それが用意できない場合は保険に入るしかない。

お葬式費用

は平均200万ぐらいかかるらしい。これは貯金でまかなってもいいけど、終身保険で準備してもいいかもと思っている。例えばあんしん生命の長割り終身とか、500万ぐらいの掛け金で入っておけば葬式費用には困らないし、貯金としても利用できる。保険払い込み期間を調整することで、学資保険としても利用できる。

最低限入るべき保険は

死亡保険か収入保障保険。検討した結果以下の2つに絞り込んだ。

日本興亜生命保険株式会社 新収入保障保険

「カチッと収入保障」のご案内|ネクスティア生命保険

ネクスティアはネット生命なので比べると少し安い。もう少し検討してから申し込もうと思う。

入院しまりそうな人とか、ガンまくりそうな人は、医療保険とかガン保険も必要かも。