Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

trac0.12 で Timing And Estimation と ScrumBurndown

trac0.12 で Timing And Estimation と ScrumBurndown をダウンロードしてみる。 導入の目的は、各タスクにかかった時間を記録することで予定と実績の差が把握できることと、作業時間をリアルタイムで把握することでプロジェクトの利益率を常に把握できること。

基本的にはやどりぎさんを参考にするとインストールできます。 やどりぎ@NET: trac + TracBurndownプラグインでスクラム開発のすすめ

以下は作業ではまった箇所です。

インストールするサーバは python2.4 だったので少し違う作業が必要だった。 作業については以下サイトを参考にする。 2008-02-13 - つれづれなる・・・

作業中に trac0.12 で LookupError が発生した。 以下サイトで解決。 ひだまりのなか、想ふこと | trac0.11にScrumBurndownPluginをインストールしたら、LookupErrorになった。

以下は LookupError のエラー詳細。 [code] Traceback (most recent call last): File "/usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12dev_r7379-py2.4.egg/trac/web/api.py", line 345, in send_error data, 'text/html') File "/usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12dev_r7379-py2.4.egg/trac/web/chrome.py", line 699, in render_template data = self.populate_data(req, data) File "/usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12dev_r7379-py2.4.egg/trac/web/chrome.py", line 599, in populate_data d['chrome'].update(req.chrome) File "/usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12dev_r7379-py2.4.egg/trac/web/api.py", line 170, in getattr value = self.callbacksname File "/usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12dev_r7379-py2.4.egg/trac/util/compat.py", line 133, in newfunc return func_(*(args + fargs), dict(kwargs, fkwargs)) File "/usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12dev_r7379-py2.4.egg/trac/web/chrome.py", line 468, in prepare_request for category, name, text in contributor.get_navigation_items(req): File "build/bdist.linux-x86_64/egg/burndown/burndown.py", line 122, in get_navigation_items LookupError: unknown encoding: /trac/project/burndown [/code]

burndown.py を編集することで問題は解決しました。 [code]

diff burndown.py burndown.py.20080724

122c122

< yield 'mainnav', 'burndown', Markup('Burndown') % self.env.href.burndown()

> yield 'mainnav', 'burndown', Markup('Burndown', self.env.href.burndown()) [/code]

入門Trac with Subversion―Linux/Windows対応
高山 恭介
秀和システム
売り上げランキング: 5716