Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

svchost.exe(ntdll.dll!RtlAllocateHeap) が cpu を占有する

システムの起動時に、svchost.exe が CPU を 100% 占有し、一定時間待つと元に戻るという現象が発生しました。

Process Explorer というツールを使って原因のスレッドを調べてみると
ntdll.dll!RtlAllocateHeap
というスレッドが CPU を使っているようです。

Windows 2000/XP.FAQ 掲示板 でも同じ問題が投稿されています。

Windows Update が更新プログラムをスキャンしている時に起こる問題のようなので、まず更新プログラムを全てインストールしてみます。

それで、駄目ならこの掲示板にある
自動更新を使用して、更新プログラムをスキャンする、または Windows インストーラを使用するアプリケーションに更新プログラムを適用すると、Svchost.exe プロセスによる問題が発生する
を試してみます。
4/17 追記 Windows Update を全て適用すればおさまる現象のようです。 タスクトレイに Windows Update のアイコンがあればそれを実行し、ない場合は手動で Windows Update を実行して下さい。それで解決するはずです。CPU 100% の状態が 5 分程度続きますが、のんびり待って下さい。