Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

WEBコンテンツのテスト方法

WEBコンテンツのテストはどのようにテストパターンを洗い出せばいいかわからない、と最近よく悩みます。

今日やったテストパターン洗い出し方法は、 「画面とボタンを全部書き出す」です。 その2つを全て洗い出せば、ルートと機能がだいたい全てわかるだろうという感じです。

そう言われて確かにそうだと思いながら、まだ納得できていない部分もあります。この方法で全てのテストパターンを洗い出せるの?というところが引っかかっているのだと思います。

新しく作成したテスト仕様書は縦軸に要求される機能を横軸にテストケースを記入し、テストケースを通すことで、すべての要求される機能が満たされていることを確認し、テスト終了となるテスト仕様書です。 この方法はルートやパターンなどは関係なく、要求される機能が満たされていることを確認するというテストになります。この方法の方が精度は高いと感じるのですが、機能を洗い出すという作業にかなり時間がかかる為、今回のように時間がない時のテストには「画面とボタンを洗い出す」テスト方法の方が良いのかなぁと思っています。