Software Engineer and Web Developer's Diary

1年後の自分に向けて

グループウェアって役にたつの?

最近オーシャンブリッジ高山さんのブログを読んでいます。オーシャンブリッジさんではNet-It Centralというグループウェアのようなものを販売されています。

で、私の会社の事を思い出しました。最近私の会社は組織替えを行いグループウェアがない状態になっていて(以前はノーツを使ってました)やっぱりグループウェアがいるよなぁという話が出ているので、ちょっとサイボーズのホームページを見てみました。(オーシャンさんは後から) するとめっちゃ楽しいページが出てきてつい笑ってしましました(4コマ漫画がバツグンです^^)。これだけでサイボウズは良い会社なんだろうなぁと感心してしまいました。

グループウェアの必要性についてはいろいろあるようですが、人数が多くなるほど必要になるのは本当みたいです。 私の会社は今約100人の部署なので、何もない状態だと方向性もなにもわかりませんし、だれが何をしているのかもいちいち聞いてまわらないと知ることができません。まぁトップが引っ張っていくタイプの人ではないのでそれが理由かもしれませんが…

とりあえずグループウェアに求める機能はドキュメントなどの共有、情報の共有、全員のJOB状況の把握、出勤状況の把握、あとは~それぞれの得意な分野・スキルの把握…ぐらいですかね~あと方向性とか定めるのにすごく良いかもしれません。トップページに経営目標なんか書いたりして^^

以前作業していたユーザーさんではサイボウズにログインすると出社になるという便利な方法を採用されていました。タイムカードがいりません!!その代わりよく退社ボタンを押し忘れて提出する勤怠表を修正したりもしました(笑)

そんなグループウェア、あれば良いのはすごく良くわかるのですが、お金をだしてまで必要なものでしょうか?どうなんでしょー??

無断転載です↓